山桜とダッチスピーカー

仕事場のデスクから山が見える。方向音痴だということと地形が複雑だということで良くわからないのだが、恐らく北。座しているスペースは一面がガラス張り。景色の大部分は隣接する建造物に切り取られているものの、向かって右うえあたりに切れ端のような山の端っこが見てとれる。高さにして数十メートルだろうか。山というよりは丘。地域の人々が共同で所有し管理している、鎮守様がある里山やら裏山やらといった風情。その景色がの一部がやや桃色だっている。

つまり桜が咲いている。とはいえ、特に灌漑水利用の小川やら城跡やらに植えられた圧倒的な桜並木やらというのに比べると寂しい。緑を基調としながら、その緑も濃かったり黄色めくほど薄かったり。そんな細々とした彩りのなかに溶け込んでいる桜色。グラディエーションのなかに溶け込んでおり、桜の持つ周りを飲み込むような絶対的な存在感というのがない。が考えてみるとこれが本来の姿。なぜか水路脇やらに並べて植えられて、それが昔から伝わる日本の象徴的な風景だという。だいたい生き死にの狭間での枕にしなければならないお城に桜なんか植えないだろ。

とはいえ、演出された桜というのも見応えがある。薬師寺久遠寺のような仏閣の境内にあり、ロケーションとの調和を考慮し尽くし、手入れがいきとどいた桜やら、全国に数多ある千年やらそこにあるという桜。診られることを意識した女性の立ち居振る舞いの美しさのように、雅で優雅だったりする。桜は華やか、イメージがあるが、占有している領域的に圧倒的な色彩感やら、色目の鮮やかさからいって、紅葉の方が迫力はある。個人的には桜の美しさというのは、その最たる(散ってしまう)儚さに通じる、プルな魅力。よい表現が浮かばないがおしとやかとか奥ゆかしいとかなのだろうか。

にすれば、この場末の仕事場から見える景色というのは、まあそこそこということになる。そういえば秋にはそれなりに紅葉する。額にフレーミングしたいような、というほどではないが、イヤミなく季節感を感じさせるには十分。夏には新緑。匂い立つというほどではないが、登る角度を鋭くし始めた日差しを若葉跳ね返している。作り込まれすぎていず説明的すぎない景色。ヒトの思惟に塗れた職場という場所から愛でるには悪くない。tubeで落とした「仕事が捗る...」系のコンテンツをBang & Olufsen Japanで10年ローン組んで買ったスピーカーで小音量で流しているような、贅沢感がある。

2日で退職した君へ。

2日目で辞めるにしても、

退職手続きはしっかりとったのだろうか。

もし、「バックレた」がイコールで「退職した」という認識であるのなら、どんなに白い目で見られようと今からでも退職手続きをしっかりやっておくべきだ。

正当な理由なく長期間(大体1ヵ月か)、無断欠勤をすると会社側とて懲戒解雇に踏み切らざるを得なくなる。

そうなると君は懲戒解雇された上で次の職場探しをすることになるが、

懲戒解雇された人間を採用する会社はほぼないといってよい。(なんで?というのなら、問題のある人物を好んで採用する会社があるのかどうか考えてみてほしい)

…となると、その懲戒解雇された経歴を隠した上で転職活動をすることになるが、懲戒解雇の経歴を隠したことが発覚すると次の職場からも経歴詐称で解雇されてしまうため、君は経歴詐称が発覚しないかビクビクしながら働くことになるだろう。

なお、新卒の募集では厳密に「◯◯年から◯◯年の間に大学等を卒業し、現在までに正社員等として働いた経歴がない方」を対象者として扱われている場合が多い。

つまり、厳密にいうと2日で「退職」した君は第2新卒とか中途採用で応募することになるが、まあ、募集要項には「3年以上の社会人経験がある方」などが前提になっているのがほとんどであると先に言っておこう。

つまるところいうと、そういった募集の間口が狭くなる

リスクを負うぐらいなら、多少のことは我慢してでも今の仕事を続けるべきだと言いたい。

■入社2日目で“ばっくれ”退職した新社会人(22歳)の言い分「初日でこの会社はないなと見切りはつけてた」

(日刊SPA! - 04月19日 09:15)

で・・・どうしろと・・・・

接客をしているとクレイムはあるものですし・・・注意はしているつもりですが・・・・環境がそうさせないこともあることで・・・・それは何度も上に伝えてあるけれど・・・・改善されず・・・。

そして働かない上司がそのクレイムを伝えてくることに腹が立つ・・・・

わかりました・・・・で・・・・どうしろと・・・・とぶつけてやりたい気持ちはあるけれど・・・・・

どうせ何も感じはしない・・・

あ〜〜ムカつく!! イラつく!!

単なるババアの色仕掛けとは話が違う

こんなエセ若作りのババアに騙される方がバカみたい、に書いてるのが大半だがワイドショー見てると騙し方がかなり巧妙で、やり方が全く違う。

普通の詐欺師はカモをガンガン攻めるが、このオバサンは架空の投資話を餌にしているが、カモが会おうとしても、会うまでが実は大変なんだとか。本気度や財産を見極めてからというわけか。

で、詐欺師のお眼鏡に適うとようやく自宅に招待される。これが豪邸でいかにも金持ちを演じており、しかも家族にも引き合わせると。

普通の詐欺師は自分の本当の身分や所在を隠すもの。しかし、それが全然無い。

これまでの詐欺とは全く違うパターン。

■タイから強制送還、62歳女を出資法違反容疑で逮捕

(朝日新聞デジタル - 04月19日 07:27)

グラスフロッグ 表は普通だけど、裏は透明なカエル

一見、普通に見ると綺麗な緑のカエルですが…

しかし、お腹の方は透明という不思議なカエル!

そんなグラスフロッグについて紹介したいと思います。

中米と南米の熱帯雨林に生息するカエルで、体長は2〜3cm程と小さい。

もし宜しかったらFacebookも見て下さい。

続きあります

FacebookのURL

http://bit.ly/2l7NdLr

温室の屋根開放スイッチ

閉めすぎて、壊してしまうので

スイッチを付けたいというので

ワイヤレスの呼び鈴を改造して

警報を鳴らすことにした。

明日、現地に行く予定。

中国から取り寄せたリミットスイッチの

出来がすごく良くてびっくりです。

内田康夫 汚れちまった道 読了

内田康夫 汚れちまった道 読了しました。

2017年54冊目です、内田康夫118冊目です。

以下紹介文 引用

内容(「BOOK」データベースより)

「ポロリ、ポロリと死んでゆく」奇妙な言葉を遺し、敏腕記者の奥田伸二が小京都・萩で失踪。

捜索を頼まれた浅見光彦は山口へ飛ぶ。調査を始めると、いくつもの不審点が浮上した。

四年前に起きた防府市役所職員カップルの疑惑の死、中原中也の詩が綴られた遺書、

萩で発生した会社社長殺人…。失踪事件と関連はあるのか?やがて奥田が極秘に大きなヤマを追っていたと判明した時、新たな失踪者が!

そんな折、浅見に親友の松田将明から山口で窮地に陥っているという救援依頼が入る。

絡み合う難事件にどう挑む?長編推理小説

祥伝社から発売された本書と同日に光文社から発売された「萩殺人事件」

本書は浅見光彦の視点、萩殺人事件は友人の松田の視点で書かれているとの事です。

ヤマグチクロスというそうですね。

今回は大学時代からの友人である松田とのかけあいも多いので

光彦の「俺」とか口調も聞き慣れた?読み慣れた?ものとは

ちょっと違い、くだけた感じでまた違った雰囲気で良かったです。

内容も失踪した奥田記者を探して欲しいと頼まれた光彦が山口県へ。

いつものパターンで「旅と歴史」の藤田編集長から山口県出身の詩人

中原中也について記事を書いてほしいとの依頼があり一石二鳥でした。

そこに大学時代からの友人で独身貴族連盟の仲間である

松田記者もからみます。

彼は見合いをするのですがその見合い先が何と山口県

と、まぁ都合の良い偶然と事件が重なり物語は進んでいきます。

防府市などが出てきました。

最初に就職をし他県で寮生活をした時に防府市から来ていた人が

居たので思い出しながら読みました。

工場閉鎖になり自分はその会社は辞めてしまいました。

栃木県と山口県、遠いので今は年賀状のやり取りだけになってしまっています。

しかし同時発売、しかも物語が交錯し登場人物もかなり被るようで

何とも面白い試みというか新しい試みというか・・・

AMAZONのレビューなどでは、同じ話を2度読まされているようでと

酷評されているので心配ですが

続けて「萩殺人事件」を読んでみます。

ただし本書の最後はちょっとすっきりしない終わり方なので

萩の方ではどうなるのか興味あります。

「萩殺人事件」は松田記者の視点との事なのでそちらを

先に読むべきだったかも知れませんね。

ちょっとミスったかな。