読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

(oーo)b 20170307 PSVRを体験した

PSVR初体験話。

飲み会に行く前に旧知宅に遊びに行ってPSVRでVR体験してきた。

予想以上に凄かった。

VR機器はまだまだ一般家庭に普及するレベルには達しておらず

ゲームマニアやソフト開発に携わる人でないと所持出来るものではないのが実情だろう。

今は大局的に見てVR黎明期を超えた程度の認知度だと思うので

VR機器の性能や発想を十二分に活かしたゲームソフトが登場するにはこれからであり、

まだしばらく時間をかけて熟成が必要な代物だと思っていた。

3Dテレビが大流行した時、世の中のTVメディアはそちらに移行していくのかと思われたが

結果的に3Dテレビはほとんど普及せず、かつグローバルスタンダードにもならなかった。

プラズマTV同様、「こだわる人向け」「上級者向け」では所詮ファッション消費レベルでしかない。

当初、VR未体験の自分は家庭用VR機器も前述と同様、一時期の流行りが落ち着けば

ゲームというカテゴリーにおけるマイノリティの1ジャンルに収まる程度で定着するのだろうと

そういう風に予想していた。

しかし実際にPSVRを体験してみると考えが浅はかだったと思い知らされた。

確かにまだこの手の分野は青年期の途上であり熟れていない事はなんとなくわかる。

だから体験するまでは「おそらくこのくらいのインパクト」という評価予想をしていた。

しかし実際には予想を超えた体験だった。

最初にプレイしたのは「プレステーションVR ワールド」。

VR機器の特性を活かしたミニゲーム集らしい。

最初に海洋サルベージっぽい映像体験ゲームをした。

スタートすれば後は映像体験のみであるが、これが凄かった。

正にエンターテインメントだと思った。

一般家庭でこれが体験できる時代が来たのかと感心した。

次はVRピンボール。首振りで反射パッドを操作する。

インパクトの瞬間、首の振り方で「こすり」や「強打」などの変化球を打てる。

このゲームで張り切り過ぎて随分体力を使ってしまった。

次はギャングのいざこざの渦中に放り込まれる体験ゲーム。

これは「プレステーションムーブ」というコントローラーを両手に持って操作する。

目の前の物を手に取って実際に操作する。

葉巻を手に取り、ライターで火をつける。

銃を受け取り、自分でマガジンを装填しながらの銃撃戦。

臨場感のあるアドベンチャーゲームに仕上がってる。

簡易疑似ギャルゲ的な話題作「サマーレッスン」は自分ではプレイせず

テレビ画面で眺めてただけなので感覚はよくわからない。

パンツは見れなかったな。

「Rez infinity」はシューティングゲーム

といっても敵をロックオンしてホーミングレーザーで倒すゲームなので

シューティングゲーというよりロックオンゲーじゃないのかと。

自分の目線移動でロックオン出来るので「おお!こりゃ便利!」と思いきや

敵をロックオンするために首を振りまわさなきゃいけないという体使う系。

さらに真横とか真後ろまでフォローするとなると

座ってプレイするより立ってプレイすべきだったかな。

斯様にPSVRは思っていたよりも素晴らしい物だった。

ガチでゲームを楽しみたいという部分に関してはまだ向いていないと思われるが

エンターテインメントを楽しみたいという点においては非常に優れた代物になるだろう。

自分がそうであったようにVRに関しては体験してみないとその凄さは伝えにくく、

体験したソフトによっても評価が上下してしまう。

自分はかなり良い環境とソフトを体験出来たおかげでPSVRの凄さを味わえた。

凄いのは理解できたが、

かといって自分もPSVRセットを購入しようというところまでは行かない。

現状ではファーストインパクトを楽しむ為のものであり、

どちらかというと現状では接客用に向いている代物かなあと。

今のところは一人でシコシコとゲームをやり込むための機材ではないのだ。

そして普通にゲームをするよりもずっと体力を使う気がする。

機材を揃えるのも実際には結構金がかかる。

PSVRはVR機器の中では最も安価であるが

一から環境をきちんと整えるなら10万円超えるだろう。

例えPS4を持っていたとしてもPSVRをするならPS4Proに買い替えるべきだし。

他に普通の新作ゲーム、PS4の「ホライゾン」という狩りゲーの序盤をプレイさせてもらったり

ニンテンドースイッチゼルダの序盤をプレイさせてもらったり

流行ゲー、新作ゲーには縁のない自分にとってはなかなかに楽しませてもらった。

で、その後、毎年の恒例行事である飲み会に行くのだが

PSVRで張り切り過ぎたせいか、かなり体力を使ってしまっていて若干テンションが下がり気味な。

帰りの電車ではなにやら体力切れを起こしてしまい、体調もよろしくない感じになってしまった。

帰宅してすぐにベッドへバタンキュー。

翌日、やたらと腹が痛い。

むうう!これは!

また尿道結石か!しかもPSVRで張り切り過ぎたから腰回りが筋肉痛起こしてダブルパンチ!

二日間ほど地獄の苦しみを味わいつつも騙し騙しにネトゲで遊んでいた吾輩はゲーマーの鑑である。

普段の不摂生と運動不足が原因なので自業自得だからしょうがない。

現実逃避でゲームばかりする性分だからしょうがない。