勤労意欲!

「赤魔」共産主義者は虐殺と大量餓死を齎す!

http://m.youtube.com/watch?v=p6qCezxiHPM&sns=gr

「過渡期の苦悩,貧苦,飢餓,荒廃がどんなに苦しくても,どんなことがあっても,われわれは落胆せずに,自分の事業を最後の勝利をおさめるまでおしすすめよう」(レーニン「十月革命四周年によせて」1921年10月14日)

「一九二○年から二二年のあいだに,五一○万人のソヴェト市民が飢えとそれに伴う病気で死亡したと推測されている」(リチャード・パイプス「ロシア革命史」成文社)

「建設どころか,共産主義ではパンがつくれぬ.着物が縫へない.ソ聯の國民は着るに衣服なく履くに靴なし.やがて,恐しい飢餓がロシヤの全土に襲いかかつて來た」(布施勝治「スターリン線破れたり」大毎新聞)

「戦時共産主義政策は人間の利己心をまったく無視したので,農民は増産意欲を失い,労働者は勤労意欲を忘れた.その結果一九二○年度の農業生産高は戦前の約四○%に,工業生産高は同じく,一四%に低下した」

「ここにおいてソヴィエト政権は武力によって,強制的に食料を徴発せざるを得ない事となり,武装労働者を農村へ派遣して,農民の手から農産物を没収することとなった」(猪木正道ロシア革命史」中公文庫)

「1928年,スターリンは『5カ年計画』という経済計画を始動.これにより,ソ連は急速な工業化に成功するが,それは囚人や政治犯などに無償労働を強いたからであり,その多くは死亡した.また工業化の成功の一方,農業政策は失敗に終わり,1932年から翌年にかけて大飢饉が発生.500万人から1,000万人ともいわれる餓死者が出ている」(「世界の独裁国家がよくわかる本」PHP文庫)

「農民に課せられた税の負担は恐るべきものだった.一九四一年には収穫の三五%が天引きされたが,これは国民党が保持する地域での四倍に相当した.村人たちは公然と,毛沢東の死さえ望むようになった…」(ステファヌ・クルトワ,他「共産主義黒書」恵雅堂出版)

「農村では,家族が食べていくだけのものしかつくらない.耕作に使う家畜を殺して肉を売ったり,耕作機械をわざとこわしたりする.工場でも,機械をムダに動かしたりこわしたりするし,できるだけ利益があがらないように工夫する.原材料をわざわざムダに使ったり,わざとくすねたりする」(チュー・ニュー・タン&友田錫「裏切られたベトナム革命」中公文庫)

「赤魔○鮮」反日在○左翼は怠惰な寄生犯罪テロ集団!

http://m.youtube.com/watch?v=VD9JOUK_LAs&sns=gr

「宇宙開闢論的見解や夢想や神秘説などを外にして,社会主義者らが提起する問題のすべては,二つの主要なる題目に帰結することができる.

第一 ― 富を作り出すこと.

第二 ― 富を分配すること」

共産主義と土地均分法とは,第二の題目を解決するものと自ら信じている.しかしそれは誤った見解である.それらの分配は生産を殺すものである.平等な分有はついに競争を絶滅させ,その結果また労働を絶滅させる.それは分配物を殺す屠殺者によってなさるる分配である.ゆえにそれらのいわゆる解決に止まることは不可能である.富を殺すことは決して富を分配することではない」(ウ゛ィクトル・ユゴーレ・ミゼラブル岩波文庫)

「自国で下層人民の自主性や創意を圧殺した官僚は当然ながら世界の舞台においても批判的思考と革命的気概を呼びおこすことがもはやできない」(トロツキー「裏切られた革命」岩波文庫)

「スタハノフ主義といつたものも,凡そ勞働者が働く國では不要のものであらう.だが,ソウ゛ェトでは勞働者を少しでも放つておくと,その十中の八九まではみな怠け者になつてしまふ」

「かくて大衆の惰性と無氣力は,スターリンが解決しなければならぬ最も重大な且つ切實な問題の一つであつたし,また現在もさうであると思はれる.「衝撃隊員」の運動が生れ,スタハノフ主義が起つた理由も,畢竟そこにある.そしてまた俸給の不均等制度が再び設けられた原因も」

「もう浮浪兒の顔をみなくてもすむだらうと希つてゐたのだが,セバストポリにきても澤山ゐる.オデッサにゆくともつと多いといふ話だ.今日の浮浪兒は,最初の頃(革命當時)の浮浪兒とはかなりちがつてゐるやうだ.彼らの兩親はまだ生きてゐるらしい.彼らが生れ故郷の村村を飛びだしたのは,時には冒險にかられてでもあらうが,たいていは,どこへ行つても親元にゐるほど惨めな,餓にくるしめられる生活はしないだらうと思つたからである」

「《人間性といふものはそんなに單純なものではない.これは何とも致し方ない事實である.だから,外部から人間を單純化しようとしたり,劃一化または縮少しようと企てることは,いつも醜惡であり破壊的であり,かつ陰惨な喜劇にしかをはらないものである》」(アンドレ・ジイド「ソウ゛ェト旅行記」岩波文庫)

■「なぜ働きたくない人は咎められないの?社会貢献する気概がないのに」に批判殺到 「働く=社会貢献というのがおかしい」

(キャリコネ - 03月23日 18:42)

広告を非表示にする