賢者 VS 愚者 ☆

「春雨に

濡れるサクラが 愛しくて

想いに咽ぶ 独り身の夜」

真の美しさに流す涙は

いくらあっても 足らない

本当の美しさは

清らかな魂に宿る

最近は 何かにつけて

出で立ちよりも

心の在り方に傾倒している

ハードがいくら充実していても

software が三流では、

ロクな働きができないPCと同じだ

この前の日曜日に眺めた

数々の絵画の中に感じられた

画家たちの内面の美しさは

一朝一夕に持てるものではない

日常の身の処し方や

自然に生まれる他人への気遣い

思慮深さ等々が積み上がって

身についてくるように思う

だから、

外見の容姿ばかりアピールする人は

どう考えても好きになれない

さて、三鷹通りの桜並木も

この冷たい雨にも負けずに

前日よりだいぶ咲き進んでいた

その逞しさには本当に驚かされる

その控え目な色の淡さに

日本人の奥ゆかしさを感じる

自ら目立とうと思わなくても

世の中の毒々しさが

彼らを引き立たせる

思わずギュッと抱き締めたくなる

負け惜しみの「寂しくない」さえも

吹き飛んでしまう程の愛くるしさ

間違いなく「春の華」に違いない

今日は朝までずっと冷たい雨

納品作業はし辛いけれど

其れほど嫌な感じは持っていない

春の雨の優しさのせいだろうか?

優しさはイイ

特に弱っている人々には

カラカラに乾いた喉を潤す

ひとすくいの水にも思えるだろう

言葉が足らなくても

ただ、寄り添うだけで

随分大きな力になれる

少しの心遣いと

ホンノリ笑顔さえあれば

笑顔の連鎖を誘う

人間同士だもの・・・

ボタンの掛け違いやら

思惑のすれ違いは仕方がないこと

そこから学ばされる事も沢山ある

間違いに気づけたら・・・

「正す勇気を持つこと」

その力が人生を大きく変えてゆく

誹謗中傷や、

偏向した批判を繰り返す人たちは

その事で負わされる心の傷など

全く眼中にないのだろう

責める事はバカでも出来るけれど

導く事は思慮深い賢者にしか出来ない

愚者がすることは何事も・・・

相手を痛めつけるだけで終わる

そこには希望の灯が見えてこない

昨日は久しぶりに悪友と長電話をした

イオンモールにいた間中

話をしていたような気がする(笑)

内容はたわいもない世間話で

あまり良く覚えていない

ただ、沢山笑った記憶は残っている

そういえば、

油揚のブランドに拘っている話をしたら

電話の向こうで大笑されたっけ(笑)

だけど、

たとえ電話であっても

「人と話をする」のは本当に楽しい

これが僕には1番の癒しになる

未々 弱っちいなぁ(笑)

今度の日曜日は

日差しが望めず 寒さも残るけれど

どうやら降られずに済みそうだから

思いきり花見撮影を楽しみたい☆

でも、

やっぱり湘南の海の唄は聞きたいから

行きはロマンスカー片瀬江ノ島まで

帰りは湘南新宿ラインで帰ろう

鎌倉から赤羽根まで約1時間で着く

あ〜〜っ

ワクワク & ドキドキの日曜日に

なりそうな予感♪←最近はハズレなし(笑)

広告を非表示にする