「恋愛のゴールが結婚」と思ってるから呪縛になるんじゃね?

戦後、アメリカの価値観を押し付けられて「恋愛の果ての結婚が一番良い」なんて考え方が一般的になったという話がある。

まあ日本は敗戦国だから、戦勝国によって文化を潰されたり歪められるのは仕方ないっちゃ仕方ない・・・。

「結婚は家同士の繋がり」って言うと、古臭い間違った考え方だと思い込んでる日本人も多いかもしれないけど、この考え方は日本に限ったものじゃないし、間違ってるとも言えない。

結局、日本社会というか日本人にとって「恋愛の延長で結婚」という考え方には無理があって、それで「歪み」が出てるんじゃないかな?

恋の果てに結婚しても愛や幸せがあるとは限らないし、恋のない結婚でも愛や幸せがある事もある。

もちろん逆もあるだろうが。

そもそも医学的には「恋」って錯覚や幻覚の一種だそうな。

そうなると、例えるなら「ラリッて結婚したけど正気に返って後悔して離婚した」なんてのも増えるわな。

成田離婚とか言い出した頃が「間違った恋愛観・結婚観」の始まりなのかも。

そして、そういう価値観を日本に押し付けたというアメリカの離婚率は、日本の2倍近いという。w

■ひそかに増える「アラフィフ婚」、社会の「子どもはいいぞ!」呪縛乗り越え【前編】

(弁護士ドットコム - 04月02日 09:53)