読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芝浜謎噺 神田紅梅亭寄席物帳

「芝浜謎噺 神田紅梅亭寄席物帳」愛川晶 原書房

中編3篇です。「野ざらし死体遺棄事件」「芝浜謎噺」「試酒試(ためしざけだまし)」

登場人物の面々は前作「道具屋殺人事件」と同じだから紹介は省略します。

本の題名が「芝浜謎噺」だからここを中心に紹介を進めて行きます。

落語の筋を語るのがひとつの線。

おとうと弟子が「芝浜」を演る、演らなきゃならない破目になってしまった。

おとうと弟子の出身は南房総です。そこで独演会を開くことになった。

注文がついて「芝浜」をやれ、「芝浜」をやるなら独演会を開くのを許可してやる。

あにさん、駆け出しの落語家がやれるように「初心者向けの芝浜」を伝授してください。

----------------------

「しぇるぱ散らし踏み」

http://sherpaland.net/

----------------------