至福な夢

神戸屋に行き、はちはちした胸のウェイトレスさんが

オーダー聞きにきたとき、

ぱちーんっ!

と、胸のボタンがはじけて僕のほっぺに当たった。

「痛っ!」と僕が言うと「大丈夫ですか?スミマセン」

とウェイトレスさん。

「ここをふーふーしてくれれば直るよ」とほっぺを指さした。

「ふーっ」

「あぅっ!」

「どうかなさいましたか?」

「いや、なんでもない続けて」

「ふーふーっ」

「あうっ、あぅあぅっ」

夢ですから・・・・( ̄。 ̄;)

広告を非表示にする