読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シラン(紫蘭) Bletilla striata Reichb. fil.

今年もマンションの中庭のちょっと湿った場所に、紫蘭の花が群咲しています。ここだけではなく、幕張海浜公園や打瀬第二公園にも咲いていました。また、白花の品種も近くで咲いておりました。

 

 

シラン(紫蘭) Bletilla striata Reichb. fil.

日本・台湾・中国原産のラン科シラン属の多年草地生ラン。和名はシラン(紫蘭)。草丈:30cm〜50cm。花期は4月〜5月。日向の草原などに自生する。野生のものは準絶滅危惧種。しかし栽培品として広く普及しており、種子が飛散して栽培逸出することもあるため、野生状態のものも本来の自生個体かどうか判別は難しい。群生しているさまは見事。少し湿ったところに生える。紫色の蘭であることから、この名になった。球茎は「白及根(はくきゅうこん)」といい、止血、あかぎれ、ひびに薬効がある。白花の品種もある。花言葉は「あなたを忘れない」「お互い忘れないように」「変わらぬ愛」「薄れゆく愛」。5月17日の誕生花。