誰か、私の応援団を募集しています。

昨日、台湾からベトナムの友人の紹介で25歳の女性が我が家に援農に来ました。

心なしか落ち込んでいる私ですが、シェアーし合う事を広げる事と仕事の段取りをホップ・ステップ・ダウンと考えています。

・・・でも今日の予定は、植苗地域会の清掃ゴミ拾い彼女に参加するかしないかと聞くと参加することを望み。

掃除後桜の花見会にも参加をする事です、彼女は英語と中国語でしかコミニケーションできないので私はアタフタとグーグルの翻訳こんにゃくでパソコンのキーを叩いています。

という事で、「誰か、私たちの応援団を募集しています。」