桜の“実”

花を楽しんだソメイヨシノ染井吉野)やヤマザクラ(山桜)にも“実”がなります。

でも、どんなに上手に育ててもサクランボにはなりません。

サクランボは鑑賞用の桜とは「品種」の異なるミザクラ(実桜)と言ふ別の種類です。

花を鑑賞する品種のサクラでは、実は大きくなりません。

緑地帯にあるオオシマザクラ(大島桜)に可愛い“実”が熟してゐました。

ソメイヨシノの“実”と較べると、やや大きめですが、サクランボよりははるかに小粒です。

オオシマザクラの実を食べてみると、甘いのですが、えぐみがあって三つも四つもは無理です。

それでもソメイヨシノの“実”よりは食べやすいものでした。

大島桜の“実”、かわいいでせう・・おいしくなくても見るだけで結構結構。

「“つれづれなるまま”」のSNS版です。

Blog版をご覧いただける方は是非下記URLをお訪ね下さい。

http://stajiri1123.blog20.fc2.com/

広告を非表示にする