ただより高い情報はない

こんな時間に起きてしまいました。

おはようございます。朝です、コーヒーでも飲みます?

私は白湯ですが。

さて、今回はことわざでした。

フェイクニュースが世界規模で騒がれてますが、特に前からだよな…と思いつつ、昨今はひどいのでしょうか。あまり、ネットサーフィンしないのでよくわからない人間です。

うん?アニメ・ゲームの情報は見てますね。おもしろいので。

ゼルダの伝説”災厄リンク”とか…(*ω*)見ました?見ちゃいました。

政治経済社会のニュースは適当に大手のサイトから見る感じの人間ですが、LINEでその日の新聞もだいたいチェックしてます。池上彰さんのように5紙並べて斜め読みとかできたらいいんですが、そこまでのお金と情報処理する頭はないのが私の現実です。

けれども、ニートもどきなりに考えて、コンビニに行き、「今日は君に決めた!」と、適当に1紙決めて新聞買ってきます。(諸事情で我が家は定期購読を止めてしまいましたが、特に新聞社さんが悪い訳ではないです。)

鷲田清一さんの「折々のことば」が好きなので、朝日新聞をつい買ってしまうのですが、特に左翼さんでもないです。ときどき読売さん、他紙さんも、地元紙も買います。

なので、こいつサヨクだ!とかウヨクだ!とか思わないでくださいね。

私はこのよくわからない執念のような闘いにはイマイチ介入したくないのです。

要は、どの新聞読もうが、ちゃんと吟味する力とそれを裏付けるきちんとした知識を持っていれば良いわけだと思うのです。(私にあるのか!?と言われると自信ないです)

逆に言えば、誰がどこでどういう指針で書いているのかわかるほうが、情報としては安全だと思います。

どのネットのニュースも、大半がある1次情報を元に作成されている訳で、その1次情報を作ってくれている方々にちゃんとお金が入ることは大切だと思ってます。情報を得るためには、取材したり、収集したり、その正誤を確認したりと、お金と時間と人の力がいるからです。新聞じゃなくて、本でもいいです。もちろんネットは、気軽に比較できて良いのですが、だからって、誰もお金払わなくなると大変ですから。

無料だからと、対価を払う意義を忘れちゃいかんと思うのです。

それは、きっとネットで行われてる”無料”に慣れてしまうと難しいのはわかります。

お金ないよ!という気持ちもお察しします。(ニートですから)

でも現在対価を払わないことは、将来得られたであろう作品、それは情報に限らず、映画や音楽、漫画etcに出会えなくなる可能性があるということを少しばかり考えてほしいかなと思います。

まぁ、そんな訳でして、もうひと眠りしたら新聞を買ってくる予定です。

今日は朝からマジメに考えました。