桐生天満宮の裏手

桐生散策の起点に、街並みの北端にある天満宮を選んだ。

なぜか参道わきに水車があった。

その水車とこの神社の歴史を物語る大木を入れた構図で。

正面からも。

境内は、禁止事項を記した立札が目立つ。

他でも同じような神社があったので、ここに限ったことではないが、残念な印象になってしまう。

神を恐れないマナー違反の輩がはびこっていたのか、無神経な犬の飼い主がいたのか。

この神社と道路を挟んだ裏手に、同窓記念会館がある。

国の文化財でもあるので、そこに向かった。

近づいてがっかりした。

補修工事中でシートで覆われている。

諦めて引き返す途中、何気なくさっきの天満宮を見てビックリした。

社殿の彫刻がすごいのだ。

社殿に戻って一周した。

太陽が頂点にあって、どのアングルを確かめても光線が邪魔をする。

何とか雰囲気だけでも、と写真に収めた。

見落としてしまうところだった。

広告を非表示にする