凍りのくじら。

講談社文庫

辻村深月さん著者。

凍りのくじら

結構分厚い本(笑)

読了♪

ネタバレするので…

あまり言えない…

ただ、

人は過去にとらわれすぎると、前には進めず

引き戻されたり

沈んでしまったり

消化不良なままだと、ぼんやりと人生を過ごす…

でも、

過去を過去だと自分の中で理解できれば、視界はぱっと晴れる

そんな話。

好きか?

嫌いか?

と聞かれたら、何とも言えない。

くじら。

好きだよ。

自分を…

見失いそうな時に読むといいかもしれません。

次は、

吉田篤弘さんの本です♪

楽しみです。

広告を非表示にする