荒木経惟 「写経老人」    東京オペラシティアートギャラリー

新大久保駅近くの歯科医院で治療を済ませた後、ネパール料理の店「ナングロガル」でツレと遅めのランチ。このお店、ビルの3階だし看板も小さいし・・・でちょっと迷った。ネパール料理はモモくらいしかわからないので「ネパールローカルセット1300円」と「カレーセット500円」にしてみる。どちらもラッシーとサラダが付く。・・・カレーセットで十分かも。今度来たときはカレーセット二つにモモをつけよう。味はかなり好み。この店の客はほとんどがネパール人らしい。海外旅行気分も味わえておもしろい。

夕方から「芸能山城組ケチャまつり」に行くつもりだった。でも時間があるので会場に近いオペラシティアートギャラリーのアラーキー展に行く。ここに来るのは何年ぶりだろう。

入場してすぐ「大光画」にびっくり。両方の壁に大画面の人妻エロス。一般の人妻のヌードなのだそうだけどあまりに脱ぎっぷりがイイ。しかも、みんな楽しそうに笑っている。美しいとは言いがたいけど醜いとも言いがたい・・・。ひとりひとりの生き様というか生きている瞬間が捉えられている。御年77歳の荒木の最新作なのだそうだ。

この後「遊園の女」というキレイめのヌード写真もあったけどエネルギーの強さで人妻エロスに圧倒された。

他に風景写真やスナップ、50年前に捕ったという「八百屋のおじさん」。・・・人は死ぬという現実を今さらながら実感する展示会。

この後、ケチャ祭りに行ってみた。でも雨と寒さで合唱だけ見て退散。また行こうかなぁ。