残業問題

残業を嫌う人が増えているという。

そういえば昔の人間には残業をする人ほど仕事熱心でやる気があるという短絡的な物の見方をする人が多い。しかし今の若い人はむしろ定時で帰って何が悪いという意見のようだ。

僕はどちらもヨシとは思わず、この中間くらいでうまくバランスをとるのが理想的だと考える。

生産性のない不毛な残業ならしてもらいたくないし、一方では締め日等が近づいてきてバタバタしたり、繁忙期に入ったりしたときなどはどうしても残業せざるを得ない状況があったりもするだろう。また、常に先手を打って今できることを今のうちにやっておきたいと自発的に前向きな残業をする人もいる。

健全な会社からすれば、残業はできるだけしてもらいたくないはずだ。コストがかかるというのもあるし、社員のけじめがなくなるからというのも理由の一つかもしれない。

ダラダラと残業するのが習慣化してしまうと、普段の仕事やプライベートにまでダラダラが染み付いてしまうもの。当然パフォーマンスにも影響がある。社員教育というよりは、人生教育の上でそれはあまりよろしくない。だからもし残業するのであれば、そこには何か建設的な意味や意義がなければならないのだ。

だが、若い人でも中には上司や先輩より先に帰るのは気が引けるという気持ちになってしまう者がいるというのだから、これはもう上司が定時で帰っていいんだよとちゃんと教えてあげる必要があるだろう。

この残業問題の何が問題なのかというと、要するに新人のくせにもう帰るの?俺はまだ仕事しているのに後輩のお前が先に帰るの?的な、意地悪で狭量な人が職場にいること。要するに残業の問題ではなくて、人間関係の問題が多くを占めるのではないかと思う。

まぁ、中には納期に追われて常にギスギスしている職場もあるだろう。誰もが苛ついていれば、帰ろうにも帰りにくいはずだ。

そういう職場は単に不健全だし上の人間に能力がないのが明らかなので、もしそれに不満やストレスを感じ続けるのなら会社を辞めてしまうというのも選択肢である。

そもそも社員を酷使して過酷な労働を当たり前だと思っている経営者に、リーダーとしての資質があるだろうか。仮に経営がうまくいっていたとしても、社員の誰からも感謝されないような生き方をしている人間に、わざわざ無理をしてまで着いていく必要などないと僕は思う。

ただ、教育係もそれはそれで大変だ。中には本気で仕事を舐めているような人間もいる。経営者はそういった人間を教育しない。ただ雇用するかしないかを判断するだけだ。教育負担のしわ寄せは常に直属の上司にいく。お気持ちお察しする。

そういうしがらみから解放される手段が、もっと社会に用意されていればいいのにと誰もが思っているだろう。残念ながら社会というのはそこまで親切ではない。しがらみが嫌なら、それがない世界へ行くか、自分の手でそういう環境を作るしかないのだ。

パワハラのような残業が横行する職場こそが自分の世界だと受け入れてしまうのもいいだろう。

だが、そうではない生き方も選択できるということをもっと多くの人が自覚すればいいのにと、内心思う。